肥満遺伝子検査に加え独自の栄養士による
パーソナルな食事指導

一生あなたの健康をサポートします。

世の中には様々なダイエット方法があります。

さらに、次々と新しいものが登場し、

「これなら痩せられそう!」と挑戦したことがある方も

いらっしゃるでしょう。

しかしそのダイエット方法は
あなたに合ったものですか?

ダイエットの流行は変わっても
あなたの遺伝子は一生変わりません!

現在のカラダ

  • 先天的な体質
    生まれ持った
    体の設計図
    DNA
  • 後天的な体質
    栄養・運動
    ライフスタイル

現在の身体は”先天的な体質”と”後天的な体質”の二つの要素でできています。

遺伝子は一生涯変わりません。

肥満に影響を与える遺伝子とは??

実は肥満の要因の30%~70%は遺伝子に起因することが分かってきました。

基礎代謝をアップさせる遺伝子もあれば逆にダウンさせる遺伝子もあります。

遺伝子タイプ別に「太りやすい食べ物」「そうでない食べ物」もあります。

肥満に関わる遺伝子は約60種類程存在し、その中でも肥満に対して大きな影響を与えている遺伝子が、

  • β3AR
    遺伝子
  • β2AR
    遺伝子
  • UCP1
    遺伝子

という遺伝子です。

この遺伝子を調べることであなたに合ったダイエット方法が分かります。

3つの遺伝子要因

  • UCP1型

    脂質燃焼力不足

    脂肪の分解や熱生産に関与する遺伝子。
    変異があると脂肪の燃焼がされにくくなる。

  • β3AR型

    糖燃焼不足

    脂肪の分解や燃焼に関与する遺伝子。
    変異があると脂肪の分解や熱産生がされにくくなる。

  • β2AR型

    筋肉量低下

    脂肪の分解に関与する遺伝子。
    変異があると脂肪を積極的に分解するようになり
    蓄積されにくくなる。

遺伝子検査は「bi・ta・su」で

セルフで行う簡易キットと違い、制限すべき食品が分かるだけでなく、さらに生活習慣を分析し必要な栄養素や食べ方、

効果的なトレーニング方法やエステで受けるべきトリートメントなど、DNAから紐解くパーソナルなご提案ができます。

お客様の声

ダイエットのために油を控えていましたが、DNA検査をした結果、糖質の代謝リスクが判明し、今までは糖質を減らしてダイエットをしています。今までのダイエットの中で一番無理せず痩せた気がします。

M・M様

お肉を控えて、野菜ばかり食べていました。すごく健康に気を付けているのに、なんだか体調が悪くて…
遺伝子を調べたら、タンパク質が必要な遺伝子だと分かり、控えていたお肉を食べ始めました。太るかと思ったら全然そんなことはなく、体調も良いんです。ずっと悩んでいた冷え性も少しずつ良くなってきているような気がします。

S・E様

栄養士がお悩みと検査結果を受けて、
遺伝子栄養学に基づいた
お食事アドバイスを致します。

ご購入はこちら

オンラインショップ 美健保ドットコム

  • TEL:03-6427-2177
  • URL:http://b-k-h.com/
  • 営業時間:10:00 ~ 18:00
  • 定休日:土曜・日曜・祝日

お問い合わせ

エステティックサロン ビ・タ・ス

販売会社

ビックス ヘルスケア事業部

  • 所在地:東京都港区南青山6-8-3 セピアコート4F
  • TEL:03-6712-5528
  • URL:http://b-hc.jp/